病院

脊柱管狭窄症の治療で負担軽減|加齢に負けるな

免疫細胞を使用する治療

お花

この治療法を行うメリット

免疫細胞療法とは、患者さん自身の免疫細胞を体外に取り出し、体外でその免疫細胞を増殖させた上でがん細胞に反応させ、体内に戻すといったがん治療の事を言います。患者さん自身の免疫機能を上げる方法であるため、外部からの刺激を受けずに治療を行う事が可能にした方法です。免疫細胞療法を行うと良いと言われている理由としては、がんを完治させる可能性があるという事や、進行がんや転移したがんにも効果があるという事や、患者さん自身の免疫細胞を使用するため、副作用が見られておらず、抗がん剤の副作用を軽減するという効果もみられているという事などが挙げられます。更に、がんの三大療法との併用で相乗効果を得る事が出来るといった事もメリットだと言えます。

この治療法の今後の予測

従来までは、手術療法や放射線療法や化学療法といったがん治療における三大療法ががん治療の主流となっていました。しかし、体の一部を開く手術療法や、傷痕は目立たないのですが、痛みや他の健康な細胞にまで悪影響を与えるという放射線療法や、副作用が辛い化学療法などといったように、これらの療法では患者さんの体への負担が大きいという問題が発生しています。しかし、今後は患者さん自身の免疫細胞を使用するという、体への負担が少ない治療法だと言われる免疫細胞療法が第4のがん治療として使用される事が多くなり、実用化によって免疫細胞療法の研究が進み、いずれは、この免疫細胞療法が主流となっていくのではないかと予測されています。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症の治療で負担軽減|加齢に負けるな All Rights Reserved.