病院

脊柱管狭窄症の治療で負担軽減|加齢に負けるな

がんの免疫治療の一種

女性

ナチュラルキラー細胞

NK細胞療法はがんの免疫療法のひとつです。がんの治療にはこれまで手術療法、化学療法、放射線療法が主に用いられて来ました。しかし、がんの三大療法と呼ばれるこれらの治療法は副作用があり、身体への負担が大きくて患者の全身状態によっては治療を断念せざるをえないこともありました。そこで近年患者自身の免疫細胞を使って治療する免疫療法が新しいがんの治療法として注目を浴びるようになりました。免疫療法の最大の利点は、副作用がほとんど無いということです。免疫療法には使う免疫細胞の種類によって、樹状細胞療法、CTL療法などいくつかの種類があり、NK細胞療法はナチュラルキラー(NK)細胞を使う方法です。NK細胞は子どものころはたくさんあり、加齢に従って減ってきます。年齢があがるに従ってがんにかかりやすくなるのは、これら免疫を担う部分の破綻もひとつの原因です。

健康保険の適応外

NK細胞は非常に強い細胞殺傷能力を持ったリンパ球の一種です。常時身体の中を巡ってウィルスや異物を発見し素早く廃除するために働いています。免疫系の中では最初に反応して攻撃をしかける役割を持ちます。樹状細胞療法やCTL療法では、がん細胞が持つ特有の目印を手がかりに攻撃をしかけます。しかし、がん細胞の中にはこの目印を隠す能力を持つものもあります。NK細胞はこうした目印を必要とせず、異物と感知したら攻撃するという性格を持っています。がんがどういうタイプなのかを調べた上で、どの免疫療法を使うかを選択すれば、治療効果はさらにあがります。NK細胞療法では、患者から血液を30から50cc程度採取し、そこからリンパ球を分離し、さらにNK細胞を活性化し増殖させNK細胞が最も力を持っている状態にして再び患者の体内に入れます。このNK細胞が異質な細胞を除去することで、がんなどの大きな病気に対するリスクを軽減することが出来るでしょう。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症の治療で負担軽減|加齢に負けるな All Rights Reserved.