看護師

脊柱管狭窄症の治療で負担軽減|加齢に負けるな

内視鏡が有効です

困る

早期の症状改善が目的

高齢者の増加に伴って、発症する疾患についても、以前とは内容が変化するようになっています。そうした意味で脊柱管狭窄症は、最近になって増加し始めている典型的な疾患です。脊柱管狭窄症を患うと、下肢に痛みやシビレが発生するために、歩行困難になります。高齢者が歩行困難になると、体力の低下によって寝たきりのリスクすらあるのです。そうした意味で脊柱管狭窄症の治療を行うことは、とても大切なことなのです。脊柱管狭窄症の治療の基本は、保存治療とされています。例えば強い下肢の痛みに対しては、消炎鎮痛剤を処方して痛みの軽減を図ります。しかし保存治療の場合には、改善までに長期を要することも多くなります。そこで最近は早期の症状改善を目的に、手術治療を行うことが人気になっています。

回復までの時間が短いです

脊柱管狭窄症に対する手術治療というと、以前までは切開を行うことがスタンダードでした。いっぽう切開を行うと、血管や筋肉を大きく傷付けます。そのため切開を行うと、回復までに時間を要することが問題だったのです。しかし最近は脊柱管狭窄症に対して、内視鏡による手術治療の技術が確立するようになりました。内視鏡による手術治療は、胃や大腸などの消化器系疾患の治療法として、周知されています。それと同様の技術が、脊柱管狭窄症でも可能になり始めたのです。内視鏡を使用すると、問題の血管や筋肉を傷付ける量が、大きく減少させることができます。そのため早期の症状改善と生活復帰が、同時に可能になるために、とても有効な治療法なのです。

免疫細胞を使用する治療

お花

免疫細胞療法は患者さん自身の免疫細胞を使用し、患者さんの免疫機能の向上を目的とする治療法であるため、体への負担が少ないという事が分かっています。今後は、がん治療では、体への負担が少ないこの免疫細胞療法が主流となっていくのではないかと予測されています。

もっと読む

定期的に受診しましょう

患者

体調不良でどの科を受診すればよいのかわからない時は、まずは世田谷区の内科を受診してみるようにしましょう。内科は臓器全般を診察しているので、不調の原因を総合的に判断することができます。また内科では健康診断も行っています。自営業の方や海外への渡航歴がある方は自主的に検査を受けるようにしましょう。

もっと読む

がんの免疫治療の一種

女性

NK細胞療法とは、がんの免疫細胞療法の一種です。免疫細胞療法は自分の細胞を使って治療するため、副作用がほとんど無いのが特徴です。NK細胞療法にはナチュラルキラー細胞という強い細胞殺傷能力を持ったリンパ球の一種を採取し、増殖・活性化させて用います。

もっと読む

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症の治療で負担軽減|加齢に負けるな All Rights Reserved.